質の良い睡眠をとるにはこの方法が良いですよ!

質の良い睡眠をとるには

質の良い睡眠をとるにはこの方法が良いですよ!

質の良い睡眠をとるには、睡眠のメカニズムと眠りが浅い原因を知ろう

質の良い睡眠

いくら寝ても疲れが取れない

日中いつも眠い

眠りが浅いような気がする

 

こんなこと感じていませんか?

 

昼間に仕事や家事、勉強と大切な時間についつい眠たくなってしまうことってよくありますよね。

 

これは夜の睡眠に問題があることが多いのです。夜に質の良い睡眠をとっておけば熟睡できるので1日の疲れも取れるし体もリセットでき次の朝スッキリと起きられるのです。

 

ところが熟睡できないでいると人の体はリセットすることができず、前の日の疲れをそのまま残してしまい、次の日に1日中眠くなるのです。

 

こんなことが続けば仕事はミスが続き、家事も疎かになり、勉強もはかどりませんよね。そこで当サイトでは質の良い睡眠を取るにはどうしたらいいのか様々な方法を紹介しています。

 

快適な1日を過ごせるように参考にしてください。

 


質の良い睡眠とは

レム睡眠とノンレム睡眠

ひと口に「質の良い睡眠」と言ってもなかなか説明できませんよね。

 

睡眠時間がが8時間だったり

 

朝まで目が覚めることなく眠れることだったり

 

「質の良い睡眠」の考え方は人それぞれです。

 

しかし、睡眠時間が8時間でも何となく熟睡できていないような感じがしたり、朝まで目が覚めることが無くても疲れが取れていなかったりすればそれは「質の良い睡眠」とは言えません。

 

結局「質の良い睡眠」とは、いかに心身を休息できたか、疲労を翌日に残さないということであり、そこには睡眠のメカニズムが存在します。

 

それが「レム睡眠」「ノンレム睡眠」です。

 

「レム睡眠」は浅い眠りで身体が休んでいるのに脳が活発に働いている状態

 

「ノンレム睡眠」は深い睡眠で身体と同時に大脳も休んでいる状態

 

こうした2種類の睡眠状態を繰り返しています。

 

一見深い眠りの「ノンレム睡眠」がずーと続けば質の良い睡眠ができるのではと思いがちですが、浅い眠りの「レム睡眠」には重要な役割があるのです。

 

「レム睡眠」は大脳を活動させることで感情を整理してリラックスできる状態にしているのです。
また、呼吸や脈拍が増加するために代謝が良くなることも期待できます。

 

人はこうした睡眠メカニズムで心身ともにリフレッシュすようにできていいます。
こうした機能が十分に働かないと質の良い睡眠はできないとされています。

 

 


 

質の良い睡眠をとるための条件

質の良い睡眠をとって目覚めがいい女性

質の良い睡眠をとるためにせっかくストレスを軽減させても環境や生活習慣が伴っていないと無駄になってしまいます。

 

それには様々な考え方や条件があります。

 

質の良い睡眠ができる環境

 

質の良い睡眠ができる食事

 

質の良い睡眠ができる寝具

 

質の良い睡眠時間

 

質の良い睡眠ができるお酒の飲み方

 

質の良い睡眠ができる行動

 

質の良い睡眠ができる入浴法

 

質の良い睡眠ができる自律神経コントロール

 

こうした条件を守ることで質の良い睡眠を手に入れることができるかもしれませんよ?


 

目覚めがスッキリする方法

目覚めがスッキリしている女性

「質の良い睡眠をとるための条件」に加えてより一層快適な目覚めが得られると1日がもっと楽しくなります。

 

いろんな方法を実践してもまだしっくりと来ない方のためにいくつかの方法をご紹介します

 

朝目覚め直後から活発に動けるようにする

 

起床時間をむやみに変えない

 

起床時間を体に覚えさせる

 

生体リズムを朝日でリセットする

 

朝型生活へ変換し、起床時間を早める

 

良い夢を見て報報を効率的に処理

 

これらを実践することでより一層深い眠りにつくことができますよ♪

 

是非お試しを


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ